日本スペースイメージング > ニュースリリース > 米国DigitalGlobe製品の取扱に関するお知らせ

ニュースリリース

  • キャンペーン
  • 2019/04/22

米国DigitalGlobe製品の取扱に関するお知らせ

日本スペースイメージング株式会社(代表取締役社長:上田 浩史/以下、当社)は、米国DigitalGlobe社の国内販売代理店として、安全保障分野のお客様に対しては唯一の販売窓口として、公共・民間分野のお客様に対しても引き続き、同社の最高31cm分解能で撮影した衛星画像製品及び関連サービス(以下、画像製品)をご提供して参ります。

近年、多発する自然災害対応の危機管理や農業・森林などのモニタリング、社会インフラの整備や管理、地図の更新などで広域撮影が可能な衛星画像の利活用ニーズは高まっております。当社はこれらのニーズに応えるべく日本国内の民間会社では唯一DigitalGlobe社の衛星を利用して、お客様からご指定いただいた日本を含む極東地域の場所を直接撮影しております。これらの当社からのみ提供可能な画像を含め、DigitalGlobe社の画像製品を様々な分野の業務ソリューションとしてご提案し、今後さらなる衛星画像の利活用の機会を拡大させて参ります。

当社では多様化するお客様のニーズに的確・迅速にお応えすべく、衛星画像そのものの提供に加え、画像から抽出・生成した付加価値情報や3Dデータ等の提供、さらには先進AI技術を活用して大量の衛星画像を解析することによる地物抽出・変化検出・動向分析等の新たなサービスの提供にも取り組んでおります。

これらの取り組みを通じて、地球観測衛星がより身近で有用なインフラとして利用される市場の発展とわが国宇宙産業全体の活性化に寄与することを目指します。

■お問い合わせ先:
お問い合わせはこちら