日本スペースイメージング > 製品・サービス > COSMO-SkyMed衛星画像製品

衛星画像製品

TOPに戻る

COSMO-SkyMed

COSMO-SkyMedの特徴

天候、昼夜の影響を受けない画像撮影

XバンドのSAR(合成開口レーダー)センサーを搭載し、全天候型で昼夜を問わず最高1mの高分解能画像を提供。
また、同一軌道上に4機の衛星を配置することで高い撮影頻度を実現。北緯40度付近であれば圧倒的な撮影能力を実現。

4機コンステレーションの撮影能力

四国地方ほぼ全域(約18,300?)の3m分解能画像( STRIPMAP HIMAGE )を8日間で整備しました。この画像データを基に、SARの特性を活用した変化抽出が可能。

5種類の撮影モード

目的に応じた撮影に対応できる柔軟性を備えています。衛星進行方向(アジマス)に対し、右・左方向の切り替え撮影が可能。

単一、複数画像による比較・解析

撮影したSAR画像により、津波等による浸水域の抽出や、異なる時期に撮影された同一地域を比較、解析し、状況変化を把握可能。

スペック表